<   2012年 03月 ( 12 )   > この月の画像一覧

2012年 03月 31日
雨のあい間
どうして土曜日は必ず雨になるのだろう?
週間予報、ピンポイント予報でも、土曜日だけ雨から変わることはない。
唯一、写真を撮ることのできる日なのに・・・
でも、ちょっとだけ太陽が顔を見せてくれました。

EOS7D
Canon EF70-200 F4L IS USM


e0194050_0141560.jpg


あと、3枚あります。
[PR]

by gori-gori-yshk | 2012-03-31 23:58
2012年 03月 26日
金星と三日月と木星と
仕事が終わり、家路の途中、ふと空を見上げると金星・三日月・木星が一直線に!
どうやら、2004年11月以来のとても珍しい天文ショーのようだ。
次回は、2015年11月らしいです。
しかも火星が加わって4つの星が並ぶそうな・・・

EOS40D
Canon EF17-40 F4L USM
Canon EF70-200 F4L IS USM


e0194050_2263916.jpg



大極殿を入れて撮影しました。
しかし、ライトの品のないコト・・・
どうしてこんなライトアップになったのでしょう?

あと、3枚あります。
[PR]

by gori-gori-yshk | 2012-03-26 22:13
2012年 03月 18日
第1回 正倉院正倉整備工事現場公開 ~その2~
工事現場公開の投稿も2回目です。
屋根瓦と、大屋根からの景色を投稿します。

鬼瓦は、4ヶ所すべて顔立ちが違いました。
e0194050_21161350.jpg


丸瓦ですが、南北方向には134列、東西方向には58列ありました。
e0194050_21161791.jpg


右の丸瓦が、私のお気に入りのデザインです。
e0194050_2117376.jpg


同じ丸瓦でも時代の違いがあるのですね。
e0194050_21173926.jpg

e0194050_21174256.jpg


雑草がしっかり育つほどになっています。
e0194050_21174865.jpg

e0194050_21175152.jpg


扉が新調されています。
e0194050_21532586.jpg


こんな景色は、一生見られないかも・・・
e0194050_21531384.jpg

e0194050_21531091.jpg

e0194050_21531947.jpg


EOS40D
Canon EF17-40 F4L USM
Canon EFS10-22 F3.5-4.5 USM
RICHO CX-3


見れば見る程、昔の人の建築技術のレベルの高さがわかりました。
現在のように、重機や機械のない時代に1200年の年月を耐えぬく建築物を建造できるなんて。

次回は、秋に公開のようです。

撮影日:2012年3月17日(土)
[PR]

by gori-gori-yshk | 2012-03-18 22:01
2012年 03月 17日
第1回 正倉院正倉整備工事現場公開 ~その1~
今回から、完成まで年2回の公開があるようです。
第1回目は3日間で4200名が抽選で見学者が当たったそうです。
応募が、約12,000人を超えたそうで、曜日によっでは5倍という倍率だったと聞きました。

見学の内容を2回に分けて投稿していきます。

今日は2日目。13:00前に着いたが受付けて貰えたので早速中に入った。
e0194050_23414880.jpg


礎石には、太い柱が乗っているだけだそうです。
阪神淡路大震災の時は、少しずれたそうです。
e0194050_23434916.jpg


校倉造は木材を三角形に切って、組み合わせているだけだそうです。
極力、年輪の中心を使っています。
この建築方法は、現在での免震構造になっていると言われています。
e0194050_23435944.jpg

e0194050_2344261.jpg


中倉の扉です。
昭和35年までは、この正倉院に宝物が保管されていたそうですが、
雨漏りや、建物の傷みから宝物を守るため現在は空調設備の完備された建物に移されています。
e0194050_23503659.jpg


海老錠に麻縄で天皇の封印が特殊な結び方で封印されています。
今は、レプリカとなっています。
e0194050_23503956.jpg


北倉の扉が開扉され、中の様子が伺えました。
階段の向こうには、明治時代に伊藤博文が宝物を民に公開するために作らせたガラスケースです。
当時の、日本では板ガラスを作る技術が未熟だったため、ドイツ製で非常に重いものだたったそうです。
e0194050_23504159.jpg

北倉の扉は、過去に落雷により知足院まで吹っ飛んだようです。
扉の上の柱には当時の傷が残っていました。それに、庫内には焦げ跡が残っているらしいです。
それもあって、正倉院の北側には火の神様が祀られています。
若草山の山麓にある野神神社と石荒神社のどちらかの分社とか・・・
あやふやで、スミマセン。

撮影日:2012年3月17日(土)
[PR]

by gori-gori-yshk | 2012-03-17 23:54
2012年 03月 12日
二月堂修二会 ~その六~
ずっと二月堂での撮影でしたので、今回は視点を変えてみました。
平城旧跡からの撮影にチャレンジです。
霞が強くなり、もうひとつハッキリしなかったのですが、さすがに篭松明は明るいですね。

EOS40D + Canon EF70-200 F4L IS USM

e0194050_22241522.jpg

二月堂を中心にトリミングしました。
e0194050_2253733.jpg



撮影日:2012年3月12日(月)
[PR]

by gori-gori-yshk | 2012-03-12 22:55
2012年 03月 10日
二月堂修二会 ~その五~
土曜日は唯一、1日ゆっくりと写真撮影を楽しめる日。
登廊を上がった休憩所前で撮影することにしました。
ここにいると、昨年知り合った方と1年ぶりの再会。
そして、新たに知り合った方々。
話は尽きることなく、あっという間に時間が過ぎました。
やはり、この場所は魅力的です。

EOS7D + Canon EF17-40 F4L USM
RICHO CX-3(動画撮影)
ND-4 & Half-ND


e0194050_2364444.jpg


あと2枚と、動画1本あります。
[PR]

by gori-gori-yshk | 2012-03-10 23:12
2012年 03月 07日
二月堂お水取り ~その四~
今日も二月堂へ・・・
昨日に増して人が多かった。
二月堂を見ることの出来る場所は埋め尽くしていた。
結局、昨日と同じ場所だけが、空いていた。

EOS7D
Canon EF70-200 F4L IS USM


食堂作法ののち、上堂した練行衆が下堂してきた。
e0194050_2392430.jpg


あと、4枚あります。
[PR]

by gori-gori-yshk | 2012-03-07 23:16
2012年 03月 06日
二月堂修二会お水取り ~その三~
今日は、お松明の上がる階段下から撮影しました。
初めての場所でした。

EOS7D
Canon EF70-200 F4L IS USM
TAMRON SP AF17-50mm F/2.8 XR Di II VC LD Aspherical [IF]


e0194050_22253929.jpg

e0194050_22254017.jpg


今年は、なかなか思うように撮影できません。
雨が原因で、お松明の燃えが良くありません。
でも、煙もすべてが悪いわけではなく、撮りようによっては、良い効果を出してくれます。

撮影日:2012年3月6日(火)

土曜日の19:30からBS7でキャノンプレミアム「写真家たちの日本紀行」が放送されています。
先週から5DMarkⅢを使用してのロケになっていました。多分次の土曜日もそうだと思います。
CMも流れていました。
一度、ご覧になってみて下さい。
番組ホームページはこちらからどうぞ。
[PR]

by gori-gori-yshk | 2012-03-06 22:34
2012年 03月 04日
紅梅
今年は、梅の開花が遅いです。
二月堂の参籠所の紅梅もまだまだ。

この紅梅もやっと満開になりました。
昨年の写真はこちらです。(スクロールしてください。中頃に掲載しています。)

EOS40D + Canon EF17-40 F4L USM
EOS7D + Canon EF70-200 F4L IS USM


e0194050_1727872.jpg


あと、4枚あります。
[PR]

by gori-gori-yshk | 2012-03-04 17:37
2012年 03月 03日
二月堂修二会お水取り ~その二~
修二会3日目のきょうは、二月堂下で撮影しました。

例年と比べ、大松明の燃え具合が悪いのでしょうか?
どうも、炎が暗いような気がします。

EOS7D
TAMRON SP AF17-50mm F/2.8 XR Di II VC LD Aspherical [IF]


e0194050_23311192.jpg

大松明の炎が私には「不死鳥(フェニックス)」に見えたのですが、皆さんは何に見えますか?

あと、8枚あります。
[PR]

by gori-gori-yshk | 2012-03-03 23:48