2013年 03月 11日
修二会(お水取り) 1262回目 ~其の六~
日曜日は、昼から雨。
降り始めると急に気温が下がり始め、一気に冬の空気が入り込む。
暖かいと、寒いが同居する日となった。

日没後、下堂された練行衆は初夜に向け入浴となる。
雨が降ってたため、傘をさして湯屋へ向かう。
雨か雪の日でなければ出会えない光景。

e0194050_2051414.jpg

e0194050_20513816.jpg

e0194050_20514358.jpg


撮影日:2013年3月10日(日)






撮影に出る日は必ず、ウェザーニュースで天気をチェックする。
この正確さには感心する。
この日も、予報通りの天気の移り変わりとなったのが不思議である。
今の、予報ってすごいですね。

土曜日は、陽気に誘われた花粉の飛散によって目は痒く、鼻はグジュグジュ。
ところが一変して日曜日は快適に過ごすことができた。
が、雨が止むと日が差してきて、次第に痒くなり始めた・・・
[PR]

by gori-gori-yshk | 2013-03-11 21:03


<< 修二会(お水取り) 1262回...      修二会(お水取り) 1262回... >>