2012年 08月 17日
東大寺万灯供養会
奈良では、お盆の最後の日は、あちこちで供養の行事が執り行われています。
東大寺では、思いがこもった献灯が数多く納められています。

今年から、一般者は有料になりました。
私としては、有料化もアリかなと思います。

師匠のratoさんと撮影に出かけました。
そして偶然にも「東大寺が大好き」のsusatanさんに出会いました。

EOS7D
Canon EF70-200 F4L IS USM
EOS5D MarkⅡ
Canon EF17-40 F4L USM
Canon EF28-105 F3.5-4.5 USM



e0194050_19474791.jpg

中門越しに大文字
e0194050_19493352.jpg





e0194050_19474556.jpg

e0194050_19474355.jpg

e0194050_1947385.jpg

e0194050_19471038.jpg

e0194050_1947872.jpg

e0194050_19465235.jpg

この時は、観相窓が開きます。「合掌」
e0194050_19463590.jpg

e0194050_1946327.jpg

何度見ても大仏さまは大きい!
人々を救う心は、もっと大きいですね。
e0194050_19462851.jpg

鏡池に映える大仏殿。
e0194050_19455883.jpg

大仏殿と芝生の間に小石が敷かれています。
もともと大仏殿は、小石のところまで立っていたそうです。
susatanさんに教えてもらいました。
e0194050_19455128.jpg



撮影日:2012年8月15日(水)
[PR]

by gori-gori-yshk | 2012-08-17 20:13


<< 夕日に映える朱雀門      お盆の行事 >>