2011年 03月 01日
東大寺修二会(お水取り)
春を告げる奈良の行事、「お水取り」は天平勝宝4年(752年)に

実忠和尚が始めたともので、正式には「修二月会」と言い、旧暦の二月に行われていた。

今年、1260回を数える。過去に幾多の存続や、中止の危機があったにもかかわらず、

一度たりとも中止することなく、今に至っているそうです。

EOS7D
Canon EF70-200 F4L IS USM
手持ち撮影


e0194050_23263287.jpg




e0194050_2326488.jpg

e0194050_232745.jpg

e0194050_23271882.jpg

e0194050_23273256.jpg

お松明の燃え残りは、持ち帰ると
無病息災と家を火事から守ると言われています。
翌年、東大寺の節分のとんどで、燃やしてもらうそうです。
e0194050_23274435.jpg


二月堂周辺は、三脚・一脚の使用が禁止されています。
また、ストロボの発光も禁止です。
あくまで、仏教の行であることを念頭に置き、お参りしましょう!

二月堂を後にして・・・
雨上がりの猫坂
e0194050_23433923.jpg

その脇の紅葉の木に水滴がたくさんついていました。
e0194050_23435670.jpg

氷室神社では、氷献灯が行われていました。
e0194050_23442587.jpg
e0194050_23491162.jpg


撮影日:2011年3月1日(火)
[PR]

by gori-gori-yshk | 2011-03-01 23:40


<< 梅の便り ~其の三~      梅の便り ~其の二~ >>