2010年 07月 12日
喜光寺の華蓮
今年の5月1日に南大門が落慶しました。
建設に関わったのは、歴史のある「金剛組」。
578年に四天王寺建立の際に、聖徳太子が百済より招いた宮大工の一人「金剛重光」により創業した、
世界最古の企業とされています。
江戸時代まで、四天王寺のお抱え宮大工として、業を成していました。

喜光寺は、行基菩薩により建立され、本堂は東大寺大仏殿建立寺のモデルとなり、
「試みの大仏殿」と言われています。

7月の土・日は朝7時から開門し、多くのカメラマンで賑わっています。
ただし、三脚・一脚は使用禁止となっています。

今回は、かなり枚数を撮りました。
アップの枚数も10枚を超えたのでじっくりお楽しみ下さい(^^)

EOS40D
Canon EF17-40 F4L USM
Canon EF70-200 F4L IS USM


e0194050_2117527.jpg

e0194050_2118272.jpg

e0194050_21185855.jpg

e0194050_21192618.jpg

e0194050_2120854.jpg

e0194050_212114.jpg

e0194050_21212769.jpg

e0194050_21214448.jpg

e0194050_21215721.jpg

e0194050_2122956.jpg

e0194050_21222314.jpg


撮影日:2010年7月10日(土)

リンク・・・金剛組 喜光寺  

        
[PR]

by gori-gori-yshk | 2010-07-12 21:06


<< 香具山のふもとにも蓮が      目覚め >>