2009年 12月 29日
とある場所の光の祭典 其の二
其の二では最後に、ここが何処なのか正解を最後に発表します。(^_^)

写真って本当に楽しいですね。なぜって?

それは、瞬間を止めることができること、
私たちが到底目にすることのできない世界を見せてくれる。

からです。

でもをカメラは、シャッタースピード・露出・ISO感度・ホワイトバランスなど、
人為的に調節しないと全く見ることのできない映像を写しだしますが、
人のレンズ(眼)は、どのような時でも最適の調節をしてくれます。

いくら、技術が進んだとしても人の眼(レンズ)に勝るものは無いでしょうね。

「写真はこちらから」をクリックしてください。






EOS40D  CANON EF70-200 F4L IS USM
冬の蛍
e0194050_4203694.jpg

ナイアガラの滝
e0194050_4211030.jpg

ビッグバン
e0194050_4233931.jpg

EOS40D  CANON EF17-40 F4L USM
地元の方は、もうおわかりですね。
e0194050_4235934.jpg

EOS40D  CANON EF70-200 F4L IS USM
少し見づらい・・・
e0194050_4242918.jpg

これなら!
e0194050_424463.jpg


撮影日:2009年12月25日(金)

天理駅前で、県下最大の光の祭典が開催中です。
来年の1月16日までなので一度、いや何度でも行ってみてください。
車の方は、駅前の市営駐車場が便利です。
止めるなら、屋上がオススメ!
なんと!屋上価格があり、割安になっています。
ただし、入庫から10分以内に、南西の階段にあるカードリーダーに
駐車券を通さないと適用されないのでご注意!
[PR]

by gori-gori-yshk | 2009-12-29 23:55


<< 薄氷の浮御堂      とある場所の光の祭典 其の一 >>