2009年 10月 15日
志賀直哉旧居
昭和4年から9年間過ごした邸宅。
志賀直哉が自ら設計したとされる和洋折衷の住居。
広々とした食堂や、サンルーム、庭園などを備え、
多くの文人画家からは、「高畑サロン」と親しまれていた。
ここで、あの有名な「暗夜行路」が完結した。


EOS40D  CANON EF17-40 F4L USM
e0194050_1840112.jpg




紅葉の頃はもっと綺麗なことでしょう
e0194050_18404751.jpg


e0194050_1841688.jpg

食堂
ここで文人画家たちと食事をしたのでしょう
e0194050_18414444.jpg

サンルーム
芸術について語り合ったことでしょう
e0194050_1842478.jpg

庭園からサンルームを臨む
e0194050_18423068.jpg


撮影日:2009年10月10日(土)
[PR]

by gori-gori-yshk | 2009-10-15 18:48


<< なら100年会館      鹿の角きり >>