2009年 10月 13日
鹿の角きり
今日は、春日さんから破石町界隈をぶらっとしました。小出しでアップしていきたいと思います。

この時期発情期を迎え、気の荒だった角鹿が危険であることから、
1671年(寛文11年)に奈良奉行の立合で始まったそうです。
現在では、奈良の年中行事となっています。
勢子たちが角鹿を追い込み、「十字やだんぴ」で暴れる鹿の角に縄をかけて取り押さえます。
手早く取り押さえないと体温が上がり、脳に障害をもたらし、死に至ることもあるそうです。


EOS40D
CANON EF17-40 F4L USM
TAMRON SP AF70-200㎜ F/2.8 Di

角きり場です。
春日さんの参道を歩き、万葉植物園の近くにあります。
当時、鹿は興福寺の管轄だったそうです。
e0194050_1959238.jpg




勢子たちが一列に並び、角鹿を追い込みます。
e0194050_2063354.jpg

「十字」で、角を狙い、縄をかけていきます。
e0194050_2022229.jpg

角に縄がかかった瞬間です。
e0194050_20261619.jpg

e0194050_20331537.jpg

勢子と角鹿のかけひき。緊迫した一瞬です。
e0194050_20385762.jpg

かけひきの末・・・
e0194050_20404763.jpg

水を飲ませ、角鹿の興奮を落ち着かせた後、
春日大社の神官がのこぎりで角を切り落とします。
e0194050_20443370.jpg

e0194050_20445287.jpg


撮影日:2009年10月10日(土)
[PR]

by gori-gori-yshk | 2009-10-13 20:46


<< 志賀直哉旧居      台風が来る! >>